電話番号 よくある質問
「FM式ガス抜き工法」の開発を検証
日本の象徴 美しい富士山の噴火対策
プレスリリース掲載 各メディアに取り上げて頂きました。

平成27年1月26日 プレスリリース掲載

 
平成28年9月23日 大阪日日新聞で火山内部を透視するというエックス線のような装置が開発され
火山内部にパイプを打ち込む工法も可能となってきました
エックス線で火山内部を透視できる「ミュオグラフィ」という展示会も開催されていたので見学に行きました。
記事もご紹介  こちらのフェイスブックノートもご紹介
プレスリリースに配信させて頂き、各メディアで「火山の水蒸気爆発対策「FM式ガス抜き工法」開発中人工的に小規模爆発を誘発して
大規模爆発を未然に防ぐ」の記事を取り上げて頂きました

プレスリリース記事はこちら
各メディアで取り上げて頂いた記事一覧は下記になります。それぞれ記事タイトルをクリックしすると掲載記事がご覧頂けます。
掲載日 メディア名 記事タイトル
15.002.02
セキュリティナビ
15.01.27
Bizloopサーチ
15.01.27
ビズハック!
15.01.27
起業SNS
15.01.26
@nifty ビジネス
15.01.26
@Press
15.01.26
BIGLOBEニュース
15.01.26
excite.ニュース
15.01.26
goo ビジネス EX
15.01.26
Infoseek ニュース
15.01.26
INTERNATIONAL BUSINESS TIMES
15.01.26
livedoor
15.01.26
Mapionニュース
15.01.26
MarkeZine
15.01.26
N+NewsRelease
15.01.26
NC network
15.01.26
SankeiBiz
15.01.26
SEOTOOLS
15.01.26
YOMIURI ONLINE
15.01.26
とれまがニュース
15.01.26
ぽたるニュース
15.01.26
伝説の営業マン
15.01.26
徳島新聞Web
15.01.26
日刊工業新聞 Business Line
15.01.26
朝日新聞デジタル&m
15.01.26
財経新聞

  水蒸気爆発対策、マグマ噴火対策等 2通りの火山対策を紹介した動画です  
火山噴火対策 噴石・土石流シェルター
噴石・土石流シェルター
サイズ:幅2500×奥行2000×高さ2000(本体のみ)
収容人数:着席8名、最大12名~
ユニット接続部分を拡張可能 
拡張すれば最大人数を増やすことも可能

噴石・土石流シェルター
サイズ:幅2000×奥行2000×高さ2200(本体のみ)
収容人数:着席4名、最大8名

噴石シェルター 現地の岩石や火山灰による被覆型 噴石シェルター 屋根の二重化による補強型
シェルター構造図
現地の岩石や火山灰による被覆型
空気供給機能付属
シェルター構造図
屋根の二重化による補強型
空気供給機能付属
 
 
 
 
上に戻る
フジワラ産業株式会社 〒550-0024 大阪市西区境川1-4-5 TEL 06-6586-3388 FAX 06-6586-1177
HOMEお問合せ │アクセスマップ │資料請求 │リンク │会社概要 │よくある質問  │ 社長ブログ │社長挨拶 │防災製品 │水処理製品
 │地球温暖化対策 │メディア │環境対策ブログ │フェイスブック