電話番号 よくある質問
 
トップ会社概要製品紹介施工実績ffss
 
火山の水蒸気爆発対策
「FMガス抜き工法」

平成26年10月28日  建通新聞(近畿) 掲載


平成26年11月28日  建通新聞(四国) 掲載
 
火山の水蒸気爆発対策「FM式ガス抜き工法」開発人工的に小規模爆発を誘発して
大規模爆発を未然に防ぐ
■「FM式ガス抜き工法」の概要
1.内部に蓄積した蒸気やガスなどを定期的にガス抜きするあるいは強制的に排気するために、複数のパイプをマグマだまりに差し込みます。一方のパイプからエアーなどを送入して、もう一方のパイプから内部の高温の水蒸気やガスを排出して、内部の圧力と温度を下げることにより、大規模な水蒸気爆発の発生を防いで、被害を最小限に止めることができます。

2.地上部のパイプ取付け口は、高圧の水蒸気などの排出に耐えられるよう、十分な強度を持った重量型基礎により高耐圧性を持たせます。また、パイプは地上部で数か所分岐させ、バルブの開閉により圧力蒸気の放出を制御します。

3.マグマを放出する通路となるパイプを設けるに当たり、最新の観測技術により、マグマだまりの位置を確認し、爆発要因の低減効果を最大限発揮させるために、放出方法なども考慮して、パイプの差し込み方向を決定します。

4.なお、ガス抜きに際しては、ガス抜きの安全を確保するため、事前に周辺の住民、関係者に通告して、退避させるなどの対策を取るものとします。

  本工法は、火山予知が不可能と言われる中で、火山が突然爆発し多くの被害が生じることへの方策として考案したものです。本工法は予期せぬ甚大な被害に備えて、前向きな対策の第一歩となるものと考えています。

火山の水蒸気爆発対策「FM式ガス抜き工法」開発人工的に小規模爆発を誘発して大規模爆発を未然に防ぐ
詳細はこちらをクリック
上に戻る

フジワラ産業株式会社 〒550-0024 大阪市西区境川1-4-5 TEL 06-6586-3388 FAX 06-6586-1177
HOMEお問合せ │アクセスマップ 資料請求 │リンク │会社概要 │よくある質問 │施工実績 社長ブログ │環境対策ブログ 社長挨拶 │製品紹介
 │地球温暖化対策 │メディア │