03 HOME
アクセス ┃ サイトマップ
フジワラの水処理機械
生物脱臭装置装置
  環境対策に大きく貢献!バイオパワーでクリーンな空気を守ります。
薬品を使用しないので二次汚染の心配もありません。
 
この脱臭システムは、好気性微生物、通性嫌気性微生物を汚泥培養器により培養し、腐敗菌の抑制及び汚泥の活性化を図り、その処理水(液肥)により
悪臭成分を分解、脱臭するものです。従来の汚水処理施設やごみ処理施設、堆肥化処理施設では、主に薬液による洗浄+活性炭吸着を行ってきましたが、
設備費及び維持管理費が掛かり過ぎる難点があります。この「生物脱臭システム」は、薬剤等が不要で維持管理費が大幅に節減できます。
また、薬剤による二次汚染の心配がなく、維持管理が容易と言う利点もあります。
  構造 機能 設置場所
  本装置は、1槽内でスカム分離・ 貯留・濃縮・除去する機能と、 従来のスカム分離機をもつシンプルで、 かつコンパクトな構造になっています 本装置は、スカム浮上性、凝縮性を
利用し、同時にスクリーンの機能を
設けているため夾雑物微粘状スカム及び油脂状スカム等の分離、除去が可能です。

1槽内に全機能を持つシンプルでかつコンパクトな構造の
為、施工が簡単で大きなスペースを必要としません。

作動概要

有機性の汚物を土中に埋めておくと、いつの間にか分解して有機物に変化します。
分解過程で発生した臭気物質(アンモニア、硫黄化合物、有機酸等の炭素化合物)は土壌粒子の隙間を通って地表に達する間に土中に生息する微生物により分解、脱臭されます。
畑の土1g中には、1000万個以上の微生物がいると言われています。このように自然界のサイクルの中では、これら土壌微生物により分解、脱臭されているのです。「生物脱臭システム」は土壌の中で行われている分解処理を、人為的応用により、汚泥を培養し、その処理水(液肥)により消臭を行うものです。

■曝気用ブロワから採捕集した悪臭成分を脱臭塔に送ります。
■脱臭塔で汚泥(液肥)と接触させ、臭気成分の酸化、分解を行います。
  ※汚泥循環槽(汚泥培養器)では、脱臭効果を持つ汚泥を活性化させます、還元菌の発生を抑制して腐敗を防止することによって
    脱臭能力の向上をはかります。

 
■設置事例■
本システムは、下水処理場・し尿処理施設・農業集落排水処理施設・酪農畜産農場・食品加工施設・水産加工施設・生ゴミ処理施設・堆肥化施設等々で優れた脱臭効果を実現します。

愛知県内の堆肥化施設の例民家が隣接する地域に、生ゴミを堆肥化する施設がありました。施設では、食品量販店で発生する生ゴミを施設内に搬入し、発酵槽に投入していました。施設を密閉していることもあり、発酵槽の入口周辺は長時間いること苦痛なほど悪臭でしたが、生物脱臭システムを導入いただいたことにより、環境は大きく変わりました。
専門機関の臭気測定の結果、施設のある敷地内及び処理した臭気を排出する脱臭塔排気口からの悪臭物質濃度は規制基準値を大きく下まわる数値でした。また、某企業の臭気判定士様をこの施設の入口から出口までご案内した際には、この様に脱臭できている施設を見たのは、はじめてとのお言葉も頂きました。平成19年1月、同施設は、再生利用事業計画の認定を受けられました!
 
詳細につきましては当社までお問合せお願いします
TEL 06-6586-3388
フジワラ産業株式会社 〒550-0024 大阪市西区境川1-4-5 TEL 06-6586-3388 FAX 06-6586-1177
HOME お問合せ アクセスマップ 資料請求 リンク 会社概要 よくある質問   社長ブログ 環境対策ブログ 社長挨拶 │水処理製品 防災製品 
 新着情報メディア地球温暖化対策