資料請求
HPトップに戻る モノレール式汚泥かき寄せ機・安心防災ベッド枠A・B Q&A メールでのお問い合わせ
水環境上水・下水事業
防災 官庁・家庭 事業
津波避難タワー・災害救助道具セット
防災ベッド枠・避難シェルター・タスカルテーブル・浮き畳・タスカル帽子・バールセット
すずねちゃん・旗マシン・天ぷら油火災実験装置
社長プロフィール
社長ブログ
メディア 新聞、雑誌、テレビ等で紹介されました!
フジワラ産業社名
メールでのお問い合わせ 本社・関東営業所・大阪工場所在地
 
 
フジワラ産業株式会社
代表取締役 藤原 充弘 ( ふじわら みちひろ )

本名、藤原充弘。
昭和17年11月12日生まれ。
岡山県備前市出身。応仁の乱の流浪の公家、藤原末光を祖に持つ。
岡山藩立の閑谷学校をルーツとする「岡山県立和気閑谷高等学校」に学ぶ。

大阪経済大学:学長:黒正厳博士の「道理貫天地=道理は天地を
貫く」の教えを胸に社会貢献を目指しています。

故郷 公家の郷 大股村に展示体験施設設置

昭和55年7月 フジワラ産業株式会社設立。代表取締役就任。
「わが国の技術で、水環境はもっと改善できるはず!」の一念から、水環境事業に参入。
昭和57年6月 フジフロート自動スカム除去システムを完成。
その後も、汚泥かき寄せ装置など、多くの画期的な装置を開発する。
平成4年12月 大阪府知事より、発明実施功労者賞を受賞。大阪優秀発明賞を受賞。
平成7年1月 多くの地震や津波に苦しむ人々のニュースに、「少しの設備と対策があれば、もっと助かる命
があるはず!」と、防災事業に参入。
平成7年 災害救助セットを提案。安心ベッド枠を開発。津波避難用タスカルタワーを開発。
平成15年 地球温暖化の深刻な状況に「一刻も早く、地球再生の道を探るべき」と、地球環境の研究を始める。
平成17年11月 海水が木を育てていることを発見。
平成21年7月 人工雨雲発生システム 京都大学上海センター シンポジウムにて発表。
現在、「フジワラ地球防衛軍」として、各メディアにて、研究内容・活動内容を随時発信中
平成24年4月 仙台に東北営業所を開設
平成25年2月 カナダから来社、生産ライン、モノレール式汚泥かき寄せ機、フジフロート自動スカム除去装置作動状況視察
平成26年10月 土石流対策シェルター開発
平成26年10月 火山噴火噴石対策シェルター開発
平成26年11月 火山噴火対策「FM式ガス&マグマ抜き工法」開発 
平成27年3月 海底の隆起から海座カレンダーを開発
   
 
フジワラ産業株式会社 〒550-0024 大阪市西区境川1-4-5 TEL 06-6586-3388 FAX 06-6586-1177
HOMEお問合せ │アクセスマップ │資料請求 │リンク │会社概要 │よくある質問 │ 社長ブログ │環境対策ブログ 社長挨拶 │
 │地球温暖化対策 │メディア │新着情報水処理製品 │防災製品フェイスブック